どんなサプリメント

ノコギリヤシの原産国はどこ?

最近サプリメントを愛用している人が増えてきました。
若い年代から高齢の人まで幅広く愛用されています。

若い人にとっては、不足しがちな栄養素を簡単に摂取することができるというメリットがあります。
それ以外にもダイエット効果や美容効果が期待できるサプリメントの需要が高いのも特徴の一つです。

これに比べて中高年から高齢者にかけての需要は少し異なります。
年齢とともに体に対する不安や違和感、痛みなどの症状が出てきてしまいます。
これは今まで体を形成してきた細胞が、だんだん減少してしまうために起きてしまいます。
足腰の痛み、目の疲れ、疲労感、精力低下などいろんな面において、今までてゃ違うと感じることが増えてきます。
そんな症状の改善の期待を込めてサプリメントを服用する人が増えてきています。

そんなサプリメントが増えてきている中で、最近注目されているのがノコギリヤシです。
ノコギリヤシと聞いてすぐにどんなものか思い浮かぶ人は少ないのではいでしょうか。
それも、日本では見ることができないものだからといえます。

ノコギリヤシとは、ヤシ科の一種です。
ノコギリヤシの葉の部分が細かい無数の棘があります。
その棘がのこぎりのように見え、安易に触ると切れてしまいけがを負ってしまうほどです。
そんな見た目からノコギリヤシという名前が付いています。

そんなノコギリヤシの原産国というと、どこが一番なのでしょうか。
それは、アメリカ合衆国です。
広いアメリカ大陸の中でも、北米南東部の地域に主に自生しているといわれています。
その地域では先住民族であるネイティブアメリカンが昔からノコギリヤシの果実を貴重な栄養素として食べていました。
なのでとても古くからノコギリヤシの効能を理解していたといえます。

アメリカ以外では、南米やメキシコでもノコギリヤシは自生していることが分かっています。
サプリメント大国のアメリカでは、いち早くノコギリヤシの有効成分を取り入れています。
日本でもアメリカ産のノコギリヤシを使用しているものが多く、一番の原産国といってもいいでしょう。

このページの先頭へ